ほっこり生活

大切な人を亡くして50代半ばから親の介護が始まり現在は60代の一人暮らし

紅葉の赤岳黒岳バスツアー

お出掛け

一か月前に予約していた
大雪山のバスツアーです

地震があったのでキャンセルしようかと
ぎりぎりまで悩みましたが
北海道の観光業界もかなりの損失でこの日のツアーも
キャンセルした方もあったようで
応援のためにも息抜きにと参加してきました


朝5時半に起き
駅まで行きましたが
受付をしていたらなんだかアウトドア的な服装の集団が・・・
もしかしてこのバスツアー???かと思ったらそうでした

私は山にはバスかロープウェイで登るだけだと
思い込んでいたので
普段着のままです(;´∀`)

でも普段からスニーカーにジーンズ姿にリュックなのですが
みなさんジャンパーにリュック姿
何時ものツアーとは全然違っていました


受付で行程表を頂き
初めて少し山を登るんだと気が付きました
しかも気温は平地より10度低いとか


ですがこの日は青空で日差しも強く
低くても11度くらいです(^^)/大丈夫そう


taisetu6.jpg

大雪山の「赤岳」と「黒岳」に行って来ました

これは赤岳の8合目付近までの紅葉です

下から見上げて撮っています

taisetu2.jpg

銀泉台から登山道入り口まで幅の広い石ころ道を上りましたが

思ったより急でした

ここまではツアー参加者は全員登ります

私みたいに障害のある人はいないので
お年寄りも元気に上りました

この先は細い急な階段が続く道になります
これは更に急なので元気な人が登ります
(ほとんどの人が登って行きましたが)

私はこのツアーを甘く見ていたのであらかじめ
ガイドさんにお話ししていました(≧▽≦)


ですがここまでの登りはガイドさんとお話ししながら登ったのですが
それだけ疲れてしまい少し休憩した後
ひとりで下ろうとしたら足がガクガクして震え始めたので
もしもの為に持ってきた折り畳みの杖を出しましたが
それでも石ころの道は足を取られ踏ん張れなくて
斜め斜めに石の少ない場所を選びながら
休みながらやっと平地に戻りホッとしました

私よりはるかに年上の高齢者がすたすた歩いてるのに
自分は障害を持ってるのは情けなかったですね


taisetu4.jpg

それから層雲峡に戻り
黒岳の5合目までロープウエィで登り「黒岳駅に」に到着しました

ここから皆さんはリフトでさらに上へ
もちろん本格的な登山者のツアーは其処から姿見の池等を散策するのでしょう

そういうグループはしっかりした山の装備でクマよけ鈴など着けています

私達7人は添乗員さんの後から駅付近を散策しました
それでも急な階段できつかったです
スロープも手すりもないですしね(;´∀`)

更に展望台の屋上まではきつくて私は上がれませんでした

taisetu3.jpg

年を取っても足腰さえ丈夫なら
何処でも遊びに出掛けられますね

腰の曲がった80代後半とみられるおばあちゃんがいましたが
なんと一人参加です
90歳くらいにも見えて一人でウロウロ歩いていて
同伴者がいないのかと見ていましたが
一人のようでした。でも足腰は大丈夫なのですね

このようなツアーにあの年齢で一人参加とはビックリです
マイペースでどのグループにもついていなく
一人で勝手に動いてましたが
きちんと集合場所には時間を守って戻っていたので
頭はしっかりされてるようです(;´Д`A ```

後半ちょっと声を掛けて見ましたが
しっかりした会話でした(*^▽^*)

山は私には少しきつかったですが
其処までの行き帰りの車窓から見る風景は
黄金色に色づいた田園の稲の風景に感動して
帰りは夕焼け空が真っ赤に染まり素晴らしかった事に感動した
一日でした。

普段ビルやマンションに囲まれた生活をしてると
忘れてしまいそうな雄大な北海道の姿に驚きます

やはりドライブも出来なくなった今はバスツアーは欠かせないものです

転倒などの事故もなく帰宅出来てホッとしてます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村





スポンサーサイト

▲PageTop

地震以来初めて街中へ

日常

昨日はお天気も良く余震も落ち着いてきたので
バスで街中まで出てみました

この付近は震度6弱とは言え
あまり被害も無かったのですが
バスで駅前まで行く途中の地下鉄駅の駐輪場が
地面が陥没?盛り上がっていました

歩道の修復工事をしている所もありました

駅に着くと構内は暗くてなんだか不思議な感じ
大通まで地下鉄を利用しようと向かったら
階段はシャッターを下ろしてる所があったり
ホームもあちこちに補修の跡があり
なんだか怖かったです

ホームに立ってると眩暈がしそうで
怖かった(;・∀・)


大通の改札付近も
節電で暗かったです
まだまだ災害の影響が出ているんですね


地下が嫌なので
地上に出たら青空で気持ちが良かったです
大通公園のお花も綺麗に咲いていて
地震の影響はなかったような気がします
中央区は震度4なのでそれほど被害はなかったかな


2週間振りに遠出したので
フラフラしてあまり足も調子が良くなかったので
所用を済ませたらすぐ帰って来ました

狭い所や地下などはまだ私にとっては恐怖心が残っているようです

それでも震度6で怪我もなくいられて本当に良かったです



災害時に気持ちを落ち着かせるために刺繍をしていました

IMG_0015_20180918190330d3a.jpg

バネ口のポーチです(*^▽^*)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村


▲PageTop

一か月振りに帰国した親友とランチ

日常

IMG_0009_20180918190331944.jpg

昨夜は低い位置に大きな月が出てて驚きました

高層ビルのすぐ上に見えます


昨日はシンガポールにお嫁さんの出産お手伝いに行っていた親友が

一か月振りに帰ってきたので

早速会いました(^^)/


震度6の地震に遭遇しなくてラッキーな親友です(;^_^A


テレビが一台落ちて画面にひびが入り駄目になったらしいです


揺れ方と家具の位置にも寄りますね


我が家の室内は

横揺れと平行に設置していたので

横に移動はしていましたが

前後には揺れず倒れる事はなかったのが幸いでした


今日で12日経ちましたが

今日は身体に感じる余震もなくお天気も良く落ち着いています


昨日は久し振りに会ったので話も尽きなく

楽しい時間を過ごしました


何処の家庭も地震で落ち着かない環境だったので

誰とも会っていなくて

昨日は久し振りの友とのリアルタイムの会話でした


地震の後は幸いにも天候に恵まれ気持ちは元気に過ごせています


やはり災害の時は

一人暮らしで障害があると言う事は


地区の避難所までは行けないし

給水所も遠くて車もない私には無理で


重たい荷物をまとめ買いも出来ないし


不便な事が沢山ありました

市内は二日間の停電で済みましたが

これが一週間ならどうしていたのかと思います


マンションは声を掛け合うお付き合いもなく

集合住宅や社宅とは環境が違いますね


親友に聞いてみたら

親友のマンションもそうらしいです



昨日もホームセンターの親友の車で行きましたが

大量買いの人達が沢山いました


だから手に入らなくなるのですよね


それでも避難所暮しをしている被災者の方からみたら

怪我もなくそれほど被害もなく

自分の家で過ごせるのは幸せな事です


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村






▲PageTop

Menu

最新記事一覧

プロフィール

ののはなかれん

Author:ののはなかれん

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村
2003年から生活がどんどん変化し現在は一人暮らしの日々。二つの難病を抱えながらも心身ともに健康な生活を目指します。貧乏ながらも食生活・睡眠・笑顔ある暮らしは必須🍀ブログ内の写真の無断転載は禁止しています🙇

最新記事

アクセスありがとう

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR