家族

【 家族 】 記事一覧

母が大暴れ

家族

月曜日からまた母の病院の付き添いが始まりましたが
昨日は大きな病院に救急外来で回され
朝の8時半から午後の4時半まで病院で過ごしました
もうくたくたで・・・
認知症の母に付き添うのにトイレも行けず

採血で大暴れしてしまい
看護師さんを傷つけてしましました
救急処置室で
看護師さんも忙しかったのか
母の細い血管を見つけるのが時間が掛かってしまい焦ったのか
痛いと訴えるまま針を刺してしまい

痛がる母を数人で押さえつけたみたいで
もう興奮して

警察に訴えるとか
自殺するとか
あんたたちを懲らしめるとか

人格が変わってしまい

処置室は大パニックに


結局なんの検査も出来ずに

母をなだめるのに大変で

処置室の方も目を離さないよう言われ
トイレも行けず

8時間も救急外来の待合室で待たされ

疲れ果てました

それから施設に戻っても母を安心させる為に一緒にいて

帰宅したのは夜になりました


もうへとへとです

台風・・地震・・母の面倒と・・・


私までなんだかおかしくなりそうでした

早く台風前の正常な生活に戻れるよう祈るだけです
スポンサーサイト

▲PageTop

母の施設から電話が来て整形外科へ

家族

昨日の朝8時半前に
母の施設から電話が入りました

前の日の夜から足元がふらつき
歩くと足が痛いと訴えたので
痛み止めと湿布をしましたが
今朝も痛みを訴えて歩けないので
整形外科に連れて行って欲しい

そんな内容でした
先週の土曜日の夏祭りは元気だったので
ビックリです

急いで支度をして9時のバスに乗ろうとしたら
そんな日に限ってバスが遅れてこなくて
仕方がないのでタクシーに乗って駆け付けましたが
車椅子に乗って
アイシングして下さってました

施設長さんから
痛い場所を教えて貰い確かにそこを押すと痛いみたいですが
いきなり違う方の足も痛いと言い出し

認知症なので
どこまでが本当か難しいのですが
タクシーを呼んでもらい
とにかく以前父が通ってた我が家の近くの評判の良い
病院へ行きましたが

突然だったので中途半端な時間帯で
混んでいて3時間近く掛かりました

母はタクシーに乗るのも降りるのも
玄関先に行くにも歩けなくて全体重を
私にしがみついてもたれるので

私も一緒に転倒したら困るので
思いっきり全力で足を踏ん張りました

認知症ですが違う環境に来たので不安らしく
怖い怖い‥歩けないと言うので靴も履けなく靴下も履けなく
とにかく椅子に座るのも私にしがみついてやっと座るほど

私もびっくりしましたが
ここで私が毅然としていないと私も足の硬直が始まるので
落ち着いてと心の中で呟きました


レントゲンでは何も異常がないのですが
確かに腫れているので
細菌が入ったのかも知れないと血液検査をする事になりました

昨日はお薬だけ処方して頂き
明日また血液検査の結果と診察に行きますが

昨日は診察を終わってお昼は大分過ぎていましたが
お昼ご飯は施設で頂けるそうで
お部屋で頂きましたが母もホッとしたのか
完食でした(≧▽≦)


少し落ち着いてから
私はバスで帰ろうと歩き始めたら
足首に力が入りずらく何度も捻ってしまい
何時も降りるバス停から自宅まで歩くのは無理そうで
終点まで行き少し休んでから
自宅前まで行くバスに乗り換えてやっと帰宅したのは
3時前でした


姉に一応連絡したら
明日は施設まで姉が迎えに行ってタクシーで
病院まで連れて来てくれるそうです

でも私に病院で待機しててねと言われ
姉一人では全部面倒は看れないそうで・・・・(;´▽`A``

それでも送り迎えだけはしてくれるので
少し助かります





▲PageTop

母の施設の夏祭り

家族

昨日は母の施設で夏祭りでした

入所して一年一か月

初めての家族参加のイベントです

ここの施設が新しく出来て一周年でもあり
初めてのグループホームを立ち上げた事もあり
施設長さんも初めてのグループホームを運営していくというスタイルでした

昨日の挨拶でもそんなお話しをしていました
32歳という若さでのスタートで大変だったと思います

家族である私自身もいろいろ不安はありましたが
マンネリ化してる施設よりは良い面もあると思います

母にとっては同じような認知症の入所者さんなので
安心感もあったと思います

昨日は一階だけの入所者さんの夏祭りでしたが
職員さん手作りの豚汁やお汁粉やおにぎりなど
そしてジンギスカンパーティー(*^▽^*)
西瓜割
流しそうめん体験コーナーとあっという間に3時間が過ぎました


お料理もおいしく楽しいひと時でした

sisetu.jpg

今年90歳になった母もとても楽しそうな笑顔がいっぱいでした

それにしても周りを見れば

来てる家族は娘ばかりです

私のように息子しか居なくしかも離れていれば
誰も家族が来ないと言う寂しさがありますね


娘は一人作っておくべきですね(;^_^A


姉にも電話で知らせたので

一年振りに会いました

姉は感情を顔に出す人なのでハラハラしますが

毎日習い事や娘との旅行などで楽しく生活してるようです

娘も変わり者で友達も作らない人なのでお盆の帰省時も

毎日姉と出掛けていたようです


それはそれで仲良くしてるようで似た者同士なのでしょうね



会わない方が私も精神的には楽なのでこのままで良いと思います

母の笑顔を見て帰り道も清々しい気持ちでした


9月初めには帰省する長男と一緒に母に会いに行きます(*^▽^*)




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村

▲PageTop

次男の幼馴染の結婚式

家族

昨日の朝
いきなりラインに新幹線の乗車券の画像が送られてきて

あ~~今日はいよいよO君の結婚式かと思いました

礼服が小さくなって(太ったから)新しいのの新調しないと・・・と
6月に帰省した時に話していたのを思い出しました

夕方

その結婚式の画像と動画が送られてきて

第一声が

「奥さんが超美人!」でした

どれどれ・・・・
確かに美人ですが息子の好みの顔がO君と一緒なんだと思いました

お嫁さんは皆美人に見えますが(;^_^A


中々キャリアウーマンで活発そうな海外暮しも大丈夫という堂々としてる姿は
O君にはピッタリだったようでとても素敵な女性と巡り会ったと思いました

付き合って3ヶ月で入籍したので心配していましたが
結婚の条件に「海外暮しを楽しめる人」だったので本当にピッタリです


O君は大企業のエリート社員で以前はインドに5年暮らし
今はアメリカに居ます

単身で先にアメリカに行きましたが
結婚式を終えたら奥さんも一緒に行くそうです


写真の彼女なら大丈夫そうです(^^)/

幼馴染(小中時代)の5人仲間の一人がやっと結婚しました

今年36歳の仲間で決して早い結婚ではなく遅い結婚でしょうけど
他の息子を含めて4人はまだ結婚する気配はありません

今回の式に参加して
その気になったか・・・それとも大変そうで引いたかどちらかな?


今回の新郎新婦のご両親は立派な経歴を持つ方々で
新婦の方は名古屋の名家のお嬢さんと言うほどですから
モーニング姿のお父さまたちも貫禄がありました

私がOくんのおばあちゃんかと思って
「懐かしいね~おばあちゃん」と言った写真の人は

息子曰く「お母さんだよ!おばあちゃんは亡くなられたから」

と返信されて慌てました・・・白髪ですっかりおばあちゃんかと思いました
小学校の時父兄参観日や集まりには必ずおばあちゃんが出席されて
ご両親は確か銀行と教職で共働きで
おばあちゃんに厳しく育てられていた記憶があります


5人仲間では一番しっかり者の彼なのでやはり結婚も一番でしたね


(*^▽^*)

我が家は親の力もなく本人も平凡なサラリーマンですから
今回のような立派なお式は挙げられないと思いますが
幸せな結婚生活をいつか送る事が出来たらいいなぁと思います

幸せそうな動画を見て感無量になった私です(^▽^;)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村



▲PageTop

息子が帰省して穏やかな日々

家族

水曜日深夜に息子が帰省して穏やかな時間を過ごしています
家族がいるって本当に精神的に安心出来ますね
年老いた両親とはあまり一緒に過ごしていなかったからか
認知症だったし頑固な父だったからか
穏やかな日々ではなかったけど

息子とは穏やかな時間です
22歳まではずっと一緒に暮らしていたからかな
(*^▽^*)忘れてる事も多いけど

今日は三日目
夜はいないけどいつ帰宅したのかも分からないほど
熟睡して眠れて怖い夢も見ないし
精神的に落ち着いてる証拠ですね(^^)/

日曜日の朝早く名古屋に行くそうです

記事が途切れがちですがすみません(≧▽≦)

▲PageTop

Menu

Category一覧


プロフィール

ののはなかれん

Author:ののはなかれん

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村
2003年から生活がどんどん変化し現在は一人暮らしの日々。二つの難病を抱えながらも心身ともに健康な生活を目指します。貧乏ながらも食生活・睡眠・笑顔ある暮らしは必須🍀ブログ内の写真の無断転載は禁止しています🙇

最新記事

アクセスありがとう

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR